クレジットカード現金化には一体どのようなメリットが存在しているのか

昨今では新しい現金調達の方法として認知されてきたクレジットカード現金化ですが、まだまだグレーゾーンではないかという危ない印象を持たれている方も少なくないのではないでしょうか。

しかしクレジットカード現金化にはまだまだ認知されていないメリットが存在しており、それを知れば決してクレジットカード現金化が危ないものではない理解できるはずです。

ままだ知られていないクレジットカード現金化のメリットについてお教えします。

面倒な借入審査を通さずに借入することが可能

消費者金融などの金融機関で融資を希望する場合に避けて通れないのが審査です。

勤務先や年収、家族構成など多岐に渡る項目を細かくチェックして融資の可否を決定します。

金融機関での融資条件に万が一マッチングしなかった場合には審査が通らないリスクが存在しています。

しかも今すぐにでも現金調達をしなければならない状態で審査時間がかかってしまう場合も少なくありません。

その点クレジットカード現金化の場合には審査などは存在せずカードのショッピング枠さえ利用できる状態ならば現金化サービスを利用することが可能となっています。

クレジットカードのショッピング枠は発行された時点で付加されています。

しかもクレジットカードは年収が低い人や学生、主婦でも簡単に作成することができます。

つまり誰でも審査なしで利用できるのがクレジットカード現金化の大きなメリットの一つといえます。

信用情報に記載されるリスクがない

消費者金融などの金融機関で借入をすると信用情報機関へと履歴が残ってしまいます。

他社借入などをしている場合などは信用情報に基づいて融資ができない場合もあるなど非常に厄介な存在です。

金融機関での借入には信用情報に傷がついてしまう恐れがあるのです。

クレジットカード現金化の場合にはそのような新たに信用情報へと記載されるリスクを考慮する必要がありません。

現金化サービスの場合にはあくまでカードのショッピング枠を利用して現金を調達するシステムですので新規借入とは異なっているのです。

つまり新たな借入として信用情報機関へと登録される心配がなく、自分のクレジットヒストリーに傷を付ける心配がないのです。

返済の支払い方法も多様化されている

クレジットカード現金化で現金調達した後の返済について気になると思います。

クレジットカード現金化の場合にはカードのショッピング枠を利用したサービスですので、通常のカードショッピング枠で買い物をした時と同じ支払方法を選択することができるのです。

例えば多くのクレジットカードの返済方法として一括支払はもちろんのこと、分割払いやリボ払いでの支払いも勿論可能です。

クレジットカード現金化を利用した場合でも通常のショッピング枠での買い物と同じ処理として扱われますので、支払方法も多様なものを選択することが可能となっています。

クレジットカード現金化業者の中には領収書を発行している所もある

これは意外と知られていないことですがクレジットカード現金化業者の中にはサービス利用時に領収書を発行してくれていることも少なくないのです。

これは何故かというと現金化サービスは商品を買取方式やキャッシュバック方式など様々な方式が存在していますが、詰まるところは商品売買の形式を取っている所がほとんどです。

そこで現金化業者はお客様に安全性を確保してもらうために領収書を発行することにより商品売買がきちんと行われた旨を証明しているのです。

これは現金化業者にとっても安全性確保の面がありますが、現金化利用者にとってもメリットがあるのです。

例えば法人や個人事業主の方が金策として現金化サービスを利用した場合には、領収書を発行してもらえれば経費として処理することが可能となっており非常に助かる存在なのです。

この領収書を発行できるかどうかは現金化業者のサイトの中で説明されていますので、確認をして利用してみるといいでしょう。

まとめ

上記で説明した通りクレジットカード現金化にはまだまだ認知されてないメリットが多く存在していることが分かりました。

現金化サービスの多くは面倒な審査もなく支払い方法も多様化されているなど利用者にとって嬉しいサービスが多いのです。

さらには現金化業者の中に領収書を発行してくれるところもあるなど、あまり知られていないメリットもあったのではないでしょうか。

クレジットカード現金化にはこのように多くのメリットがありますので、現金調達の一つの手段として考えてみるのもいいのではないでしょうか。

クレジットカード現金化をする時は悪徳業者をできる限り避けることが大切

資金調達の手段としてクレジットカード現金化が存在しており、今ではたくさんの人が実施している状況ですね。

そんなクレジットカード現金化をする業者の中には、悪徳業者もいるので注意しなくてはいけませんよ。

もし悪徳業者にクレジットカード現金化を依頼した場合、様々なトラブルに巻き込まれる恐れが出てきます。

依頼した人にとって、不利な状況になりやすいため、何としても悪徳業者は避けなくてはいけないです。

そこでクレジットカード現金化の悪徳業者は、どのようなポイントが発生しているのか紹介していきます。

クレジットカード現金化手続きが完了しない

クレジットカード現金化の悪徳業者は、手続きのスピードがとても遅いですね。

現金化をするには大切な情報をいくつも提供しないといけないので、時間がかかってしまうと依頼者は不安を感じやすいです。

どのくらいの時間でクレジットカード現金化が終了するのか異なっているのですが中には、かなり時間がかかってしまう業者も存在しています。

ただ混雑しているだけではなく、クレジットカードに対する大切な情報を盗み取っている可能性が少なからずありますよ。

このような業者に依頼するのではなく、できる限り素早くクレジットカード現金化をしてくれる業者を選択すれば、不安を感じないで現金化してもらえるので重要です。

サイトで掲載されている換金率と違う

悪徳業者の手口としてサイト上では高い換金率になっているにも関わらず、依頼した後に低い換金率に変わっていることがありますね。

クレジットカード現金化を行っている業者は、低い換金率に設定することで多くの利益を確保可能です。

そこでたくさんの人に申込してもらえるようにサイト上では、高い換金率が掲載されていて実際には低い換金率になっている業者が存在していますよ。

このような悪徳業者を利用してしまうと満足できるクレジットカード現金化を行うのが難しいです。

どのくらいの換金率なのか依頼する前に確認しておき、状況によっては録音やメールなどを残しておくことが重要です。

そして納得できる換金率のクレジットカード現金化業者を選択することで、満足できる現金化をしてもらいやすくなりますね。

情報管理がいい加減な業者は大変危険

厳重な情報管理を行っているクレジットカード現金化業者は、情報漏洩の心配がないので安心してクレジットカード現金化をすることができます。

しかし悪徳業者ほど情報管理がいい加減になっており、大切な情報を漏えいしやすくなっているので要注意ですよ。

大切な情報がもし漏えいしてしまった場合、クレジットカードを悪用される可能性が出てきます。

いつの間にかショッピング枠を利用されてしまい、高額なお金をクレジットカード会社に支払わなくてはいけないケースもあるので気を付けないといけませんね。

どのような形で情報管理をしているのか徹底的にチェックして、クレジットカード現金化業者に申込をしなくてはいけないです。

プライバシーポリシーの他に直接業者に問い合わせを行い、厳しい管理が行われているのか判別することが必要ですね。

法外な手数料やその他費用を設定している

優良な業者は、手数料が低く定めていて、気軽にクレジットカード現金化を行えるように環境が整えられていますよ。

しかし悪徳業者は、1円でも多くの利益を生み出せるように考えているので、法外な手数料に定められているのが特徴ですね。

もしびっくりするような手数料に定められている場合、悪徳業者の可能性が高まるので注意しないといけません。

申込をする前にどのくらいの手数料が発生するのか明確な見積もりを提示してもらうことが重要ですね。

その他にも追加費用が発生しないかどうか確認しておけば、少しでも安心してクレジットカード現金化の申込をすることができますよ。

かなり悪質な業者の場合、勝手に手数料として貰える金額から引かれるケースもあるのでくれぐれも注意しなくてはいけません。

まとめ

クレジットカード現金化を行う悪徳業者は、様々な特徴が発生しているので比較的見極めやすくなっています。

一番良くないのは適当にクレジットカード現金化業者を決めてしまうことなので、慎重に業者選びをしなくてはいけませんね。

きちんと現金化手続きを行ってくれる業者なのか判断していき、換金率や手数料などにも注目することが必要です。

そして安全にクレジットカード現金化を行ってくれる業者なのか判断することで、トラブルに巻き込まれる可能性を減らせますよ。